2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット
無料ブログはココログ

« 靖国参拝…やられちゃったよ。 | トップページ | フナムシ怪獣ショッキラス »

2005年10月19日 (水)

中国出張ドキュメンタリー

  デジカメのメモリースティックに出張時の画像が何枚か残ってたのでUPします(^^)

DSC00405関空発、飛行機の中…
もちろん座席はエコノミーですけど、機内上映の映画は新作がいっぱい(^O^)
だけど最新映画はほとんど中国語字幕…そりゃないよぉ~(--;)
しかたなくいまさら「マトリックス」を観る。
「ネオ」こと「Mrアンダーソン」が中国語字幕では「安徳森先生」(笑)
エージェントスミスが「ニーハオ、ニーハオ、安徳森先生」といって登場するシーンは笑える(^^)

DSC00403 香港国際空港からは高速バスに乗りたいところですが、運賃が高いので普通の路線バスと電車を乗り継いで深センに向かいます。
香港は道路の整備も行き届いていて綺麗です。高層ビルも沢山あって経済都市って感じですね。
写真は空港の近く、街の中はもっとゴミゴミしてます。
電車の中や通関(ここは撮影禁止)でデジカメパチパチする度胸が無いので写真がありませんごめんなさい。

DSC00386 な~んにもない~な~んにもない まったくな~んにもない♪

電車を降りて、長蛇の列の通関に並び、深セン市に入るとそこから車で延々とドライブ。
同じ深センでも以前のPVCの工場と違って、ポリの工場は凄い田舎にあります。
都心部から離れ舗装されていない砂利道草原を通る事もしばしば…。
あたりが薄暗くなってきた頃、やっと工場到着。

DSC00383 工場玄関で記念撮影(^^)
半ズボンでお分かりかと思いますが、
現地は暑いです。
気温よりも、湿度の蒸し蒸し感がたまりましぇん(^^;)

DSC00390 腹が減ってはなんとやら…
工場オーナーに案内されて地元の人たちも通う現地のレストランへ。
辛い料理が好きな私は、何を食っても美味しい~
口内炎を患って出張に同行したイケメン営業マンSくんは口内の激痛に半泣きになりながら食ってました。
でも…ななななっなんじゃ~このサルの脳ミソのようなとろとろした物体は!!
でもこれがまた美味しいんですわ
テーブルクロスは使い捨てビニール、しかもどうやって整形したのかと思うくらい超薄い(^^;)

DSC00374 宿泊先のホテルに到着
セキュリティーは万全…かと思いきやドアの鍵が見事に壊れてます(--;)
当然ですが貴重品を部屋に置くのはやめました。
テレビをつけると「極悪日本兵が暴れるドラマ」…観ていてつらいのでチャンネルを回すと、「タツノオトシゴの交尾のドキュメンタリー」がやってました…そのあと記憶無し…

DSC00373 翌朝目覚めて、ホテルの窓から見る素敵な景色(--;)
まあ安い宿だからしかたないか…。
その後、工場に行く。

DSC00377 工場の中庭
さすが中国だけあって、敷地が贅沢に使われています。

DSC00391 でも雨が降ると庭がになります…。

DSC00381 工場への外敵(?)からの進入を防ぐ頑丈な鉄の門と、
番犬たち…子犬がいるのはご愛嬌ってことで(^^)

DSC00392 監修中の私。
微妙なニュアンスはやはり電話やメールでは伝わりません
実際に中国に来ると、コミュニケーションがスムーズにとれて、
日本から指示するのとは桁違いのスピードで監修が進みます
滞在中は毎日この監修を行います。

DSC00384商品になれなかった可愛そうなフィギュアたちは、敷地の隅のフィギュア墓場にどんどん打ち捨てられてゆきます…。

DSC00395この工場ではピューター(金属)の製造に従事する工員が少ない上にピューターは素材自体が高価ですのでピューターを使える部分は限られてきます。
打ち合わせの結果、折れやすそうなガイラの指とマンダの足をピューターにするよう指示すると
2日後にはもうピューター製の手のサンプルが出来上がっていました。

DSC00394 船便は10日以上もかかるのでチタノと飛行メカゴジラ手で持って帰ってこいとの連絡が会社から入り、ハンドキャリーで持ち帰ることになりました。

1メートル近い大きさのこのダンボールを数千キロも離れた日本まで持って帰ってこいとは…原型師が実はインドア派だという事を忘れているじゃろうに…いつもの事なんで予測はしてましたが…(^^;)

この荷物を航空便(EMS)で送ると2つで4万円以上かかるので、営業マンSくんと一人一個づつ手で持って返ることになりました。

結局、帰路は荷物運びに必死で写真を撮る余裕はありませんでした…ごめんなさい(^^;)

« 靖国参拝…やられちゃったよ。 | トップページ | フナムシ怪獣ショッキラス »

1 イワクラでの仕事」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。さてラジオ体操でもやりますか。

うわぁ~ 中国でモノ作るってこういう仕組みになってるんですねぇ^^
不良品の破棄モノだけ集めても売れそうですね。
お煎餅の「こわれ」みたいに(笑)
しかし、サルの脳みそらしき物の実態は何だったのでせう? 気になる~w


>tosikiさん
はじめまして
朝ごはんも大事ですよ。
体操の後はしっかり食べてください。

>ねこるるさん
こんにちわ(^^)
写真に写っているのはほんの一部で実際には、あの数十倍の量の不良品やサンプルが積みあがっています。
怪獣好きにとって、たとえ不良品とはいえ怪獣を廃棄するのは心痛みますが、欠陥品や不良品が市場に出回ってしまうと品質と信用を失うことになるので心を鬼にして処分しています。

サルの脳ミソらしき料理の正体は不明ですが、
たぶんタマゴをベースにしたものではないかと思います。
辛い料理が多いなかで、マッタリとした味で美味しかったです(^^)

どもです.
前トピに続いての香港,シンセンネタということで
こっちにレスつけときます.

キャセイの中で出るアイス、私たちが7月に行ったときにも
既に変なチョコバーになってましたよ,そういえば.

よくよく考えてみると過去に乗ったときも
一番多いのはハーゲンダッツのミニカップでしたが
初めてのときはモーベンディックだったり、1回だけ
ハーゲンダッツの棒アイスだったこともあったりしました.
そのときの経済事情で色々変わるようですね.
(SARSと鳥インフルエンザのときはお客さんガラガラですし)

香港の空港のあのだだっ広い中を大荷物をひいて歩くのは
結構大変だったでしょう.

あの棒アイスキャンデーはどうもいただけませんね 笑

あと機内食で「チキンプリーズ」というと、かならず私のところで
「フィッシュonry!!」と某CMのように言われてしまいます(^^;)いつも魚が余ってるのになぜかチキンを増産してくれないんですよね 苦笑

大荷物はバリアフリーな空港内はまだマシですが
深センの通関を通るまでが大変です(^^;)
舗装されているとはいえ、コンクリートがガタガタな場所が多いので、安いキャリーは何度もコマが壊れました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国出張ドキュメンタリー:

« 靖国参拝…やられちゃったよ。 | トップページ | フナムシ怪獣ショッキラス »