2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット
無料ブログはココログ

« 結婚しました。 | トップページ | キンゴジ原型 そしてフィギュア制作における「良い嘘」「悪い嘘」 »

2010年11月14日 (日)

「かいじゅうたちのいるところ」マックス少年フィギュア

Max_2 Maxback

これもだいぶ前の話になってしまいますが、一応私が担当した原型なので紹介しておきます。
メディコム・トイさんから発売された「かいじゅうたちのいるところ」の主人公マックス少年のフィギュアです。
奥田さんのアトリエG-1のブログをご覧になられていた方ならご存知でしょうけど、
このシリーズは6体のかいじゅうと、1人の少年を4人の原型師が分担して造形しました。
私は小さいものが得意という事で主人公のマックス少年を担当しました。

映画は予告編は素晴らしかったのに、本編は私個人的な感想では「?」な仕上がりでしたが、
このシリーズのフィギュアの完成度は怪獣フィギュア界の重鎮、奥田さんをはじめ、たしかな造形力で定評のあるT’s Factoの山脇さんも参加しているだけあって、
資料が恐ろしく少なかった割には、どれも劇中の着ぐるみを見事に再現しており、今回の映画公開と同時に発売されたグッズの中ではマストアイテムではないでしょうか?

私も人間を作るのは久しぶりだったので、芸大時代の彫塑実習のようで懐かしかったです。
服のシワやたるみの表現なども、着ぐるみよりか、中の人間の身体のラインがでるので楽しみながら造形できました。
ただ正直…完成した商品については…フィギュアとしては大変良い出来なのですが、私的にはちょっと残念な出来ではあります。
各方面にご迷惑をおかけするといけないので、今回は原型の画像公開はしませんが、
原型は本来、劇中の「ちょっとこの子はヤバいんじゃないだろうか?」と思わせる暴れん坊のマックス少年の無邪気な笑顔だったのですが、
版元さんの監修やらなんやらで、商品版は「とても育ちのよさそうな美少年」の顔になってしまいました。

Maxup

版元さんがいてクライアントがいる以上、これも仕方がない事ですが、ちょっと自分的には複雑な心境の商品です。
もちろん美少年マックスが欲しいという方にはお薦めです。(^^)

« 結婚しました。 | トップページ | キンゴジ原型 そしてフィギュア制作における「良い嘘」「悪い嘘」 »

「かいじゅうたちのいるところ」マックス少年」カテゴリの記事

3 マックスファクトリーでの仕事」カテゴリの記事

コメント

お元気そうで良かったです(^-^*)レモレモ♪
久々に飯でも食いに行きたいですね。

>曖昧な人さん
ご無沙汰です(^O^)/
相変わらず一番乗りですね
昔と違って、電車一本で数駅圏内で、お互い職場があるのに、めっきり疎遠になっちゃいましたね(^_^;)
昼休みが二時間あれば、そちらにランチにでも伺いたいのですけどね。
もし銀座、新橋あたりでランチされる事があれば、御一報ください。

お久しぶりですm(_ _)m
最近は玩具から離れていたのでこの映画のフィギュアを製作されていたとは知りませんでした。
映画もレンタルビデオ屋さんで気にはなっていたのですが借りるとまでは行きませんでした。近く時間を作って鑑賞してみます。

話は変わりますが奥さんめちゃくちゃ素敵じゃないですか!!
う~ん羨ましい!

>湖のひみつさん
誰かと思ったら、湖の近くに住んでる◯◯◯◯君ですね。
ほんとに懐かしいですね。もう立派なパパの顔になってるんでしょうね。
中国で二人で右往左往していた頃が、まるで昨日の事のようです。
ご家族でディズニーランドに遊びにいらっしゃった時には、
ついでに我が家にも遊びに寄ってくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「かいじゅうたちのいるところ」マックス少年フィギュア:

« 結婚しました。 | トップページ | キンゴジ原型 そしてフィギュア制作における「良い嘘」「悪い嘘」 »