2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット
無料ブログはココログ

« 「かいじゅうたちのいるところ」マックス少年フィギュア | トップページ | ゴジラ1962粘土原型製作過程 »

2012年4月11日 (水)

キンゴジ原型 そしてフィギュア制作における「良い嘘」「悪い嘘」

ブログの更新方法を忘れてしまうくらいごぶさたしております。

相変わらず本業のDTP稼業が忙しく、共働きの我が家では家事も分担制の為、
休日の限られた時間で、4年に一度やってくるオリンピック並みのペースで造型を続けています。

もう少し自由になる時間やお金があれば、造型もラクに…とは思いますが、
無いものねだりをしてもしかたないので、
「工房付きマイホーム」、「可愛い妻」、「癒しの飼い猫」、「少ないながらも毎月ちゃんと給料が振り込まれる定職」がある事に感謝してマイペースで造型を続けていこうと思います。

ペースはまったりですが造形への情熱とこだわりは失っておりませんのでご安心ください。

では久しぶりの更新なので、今回は冗談は控えめに造型に関するウンチクなどを書いてみたいと思います。

まずは製作途中のキンゴジです。
Kingoji1

Kingoji2



自分はいきなり正解を作れる天才肌の原型師ではないのですが、
自分の作ったものが「なんか(どこか)おかしい?」はわかるので、
このキンゴジも、かなり前から制作は開始していましたが、
ブログにUPして皆様にお見せするには納得がいかず、
昨日作ったものを、今日ぶち壊すという非生産的な作業が続いていました(苦笑)

でも新作を心待ちにしていただいているお客様にご安心いただきたいのは、
それが辛いからといって、巷で流行りのオリジナルイメージの「俺ゴジラ」に逃げたりはしません。
オリジナルイメージによる造型は否定はしませんし、あってもいいとは思いますし、自分好みのアレンジなら買っちゃう事もあります。

でも自分が作る時にはアレンジ造形はあまり興味は無いです。
自分はデビュー以降ずっと、原型師はアーティストではなく職人だというスタイルを徹底してモノ作りに取り組んできました。

自分流のアレンジはもしかしたら、ごく一部の人たちに好評かもしれませんし、
作ってる最中も、自分の欲望を作品に反映させられるので実に楽しい作業だと思います。

でも映画の中から抜け出してきたようなフィギュアを求める大半のお客様にとって、
作ってる人間の個性などというのは何の価値のないものだと思っていますし、
もしそういう造形が好きな方は多分、私の作風には興味が無く、
フィギュアを買ってくださる事も無いかと思います。

自分が幼い頃ブラウン管やスクリーンで観た怪獣を、
鏡で映すように作るためには、(鏡は左右逆に映るのでこのたとえは変ですが…)
自分の個性は邪魔者以外の何者でもないので、
そういう要素は徹底的に排除しなければなりません。

と言いつつも、実際は邪念が邪魔をして中々できないのですが…笑

振り返れば高校生時代、芸大に入る為に、夜間美術の予備校に通い毎日デッサンをしていた時期がありました。
あのキュビズムの創始者のピカソですら、少年時代は写実的なしっかりとしたデッサンを描いていたのだから、将来どんな作品を作るにしても基本はしっかり学ばなければと、
ひたすら毎日描き続けました。
おかげで芸大に入学した時には絵を描く事は嫌いになっていましたが 笑

お恥ずかしながら18歳の当時の私の鉛筆デッサンの一部です。↓

Photo_10


Photo_7



Photo_8


Photo_11

絵を描く事は嫌いになっちまいましたが、デッサンを描く過程で、私は以後のフィギュア作りにおいて最も大事な事を学びました。
それは…

「自分の目で見て理解したつもりでいるモチーフは、実は自分の主観や、いろんなエゴによって歪められている」

という事。
人間は無意識に目で見たモノを自分に都合のいいように解釈します。
だから目の前のモチーフを100%理解し受け入れるには自分を否定しないと無理なんですよね。
自分が今描いたこの直線は、本当に直線でいいのか?
本当は曲線なんじゃないか?とか、
ここは白く見えるけど、本当に白なのか?
本当は薄いグレーなんじゃないか?とか、
そんな風に常に自分の目を疑って、否定して見た(つもりでいる)モチーフを、何度も色んな視点から、しっかり検証していく事を学びました。

でも実物に忠実に作るだけなら、着ぐるみを3Dスキャンしたらいいじゃないか?
という話になるのですが、実は機械的なスキャンでは全然実物に似ないのです。
実際の役者さんや、映画撮影用のプロップをコンピューターでスキャンし製作されたフィギュアも近年作られておりますが、
なぜか全然似ていないのに驚いた人も多いでしょう。
ここがフィギュアの不思議なところなのですが、オリジナルを機械的に縮小すれば、
その複製品はオリジナルが持っている気迫と言いますか何と言いますか、
たとえが難しいのですが、明らかにオリジナルに劣るフィギュアになってしまうのです。
オリジナルが100%だとすれば、コピーする人の技術や設備によって、
その劣化が90%の時もあれば70%になるときもあります。
でもどうやっても100%になる事はありません。

それを補うために我々原型師は、噓は噓でも「良い噓」をつきます。

この「良い噓」というのは、
腕のいい似顔絵画家や、写実的な造型で有名な原型師の方々は心得ておられるみたいです。
※具体的にお名前を掲載すると、いろいろ問題がでそうなので止めときますが…。

たとえば、
実際に資料と見比べると、
そこのシワはそんなに深く無いし、
そこにそんな出っ張りは無いし、
そこのウロコはそんなにデカくない…

でも資料と見比べるまでは、
まさかそこが噓だとは思わなかった(ここ重要)

でもこのサイズのフィギュアでは、むしろこのアレンジのほうがより実物の印象に近いと感じさせるような部分は「よい嘘」です。

噓をついたほうが、噓をついていないものより真実に近く見える…不思議ですね。

まだまだコンピューターに職人が負けない領域です。

だから自分も、「自分の個性を押し付ける為の噓」はつきませんが、「本物に近づける為の噓」はつきます。
でもそれは、ありありと分かるような噓じゃありません(すぐにそこが噓だとバレたならそれはフィギュアにとって悪い噓なので…)

もし皆様の手元に私の作品があればそういう所を気にして観ていただければ、より一層楽しめると思います。

そしてそんな「良い嘘」をつきながら「悪い嘘」をつかないようにキンゴジを作っていきます。完成を楽しみにしていてください。

« 「かいじゅうたちのいるところ」マックス少年フィギュア | トップページ | ゴジラ1962粘土原型製作過程 »

キンゴジ北方 軍事基地に現る!!」カテゴリの記事

鉛筆デッサン」カテゴリの記事

コメント

久々の更新、チェック遅くなっちゃいました\(^o^)/
原型師としての腕は衰えてないのにちょいと安心。

> 「自分の目で見て理解したつもりでいるモチーフは、
> 実は自分の主観や、いろんなエゴによって歪められて
> いる」

これは、世の中の殆ど全ての事象に当てはまります。
人は自分オリジナルの辞書と地図を持って生活をしているが
故に時として、真理を見過ごしたまま自分の解釈だけで進ん
でしまいます。

良い嘘と、良い質問は、人生の幅を広くするだけでなく、素
敵な効果を齎してくれます。
これからも応援していますよ\(^o^)/

>曖昧みぃさん
いつもお買い上げ&一番乗りの書き込みありがとうございます。

>これは、世の中の殆ど全ての事象に当てはまります。
>人は自分オリジナルの辞書と地図を持って生活をしているが
>故に時として、真理を見過ごしたまま自分の解釈だけで進んでしまいます。

たしかに美術やフィギュア造形を突き詰めていくと、
モチーフを理解する事=自分の辞書と地図を理解する事になりますね。
オリジナルを尊重しながらの造形は、
完成した時にはこの上ない満足感と喜びがありますが、作っている最中はまるで自分を見つめなおす修行をしているように感じます。
とか言いつつ結局は自分の欲しいモノを作ってるだけなんですけどね。
欲しいものが俺ゴジラではなく、スクリーンの中のゴジラなので(^^)

造型活動を、継続していたんだぁというのが
正直な感想。
ずっとブログも更新されず、活動も見えず、
失礼ながら、フェードアウトしてしまったかと
思っていました。
これからも、作品が生まれ続けるわけですね。

キンゴジ、発売する予定は、あるのかなぁ。

>メカゴジラさん
ごぶさたしております。
実はゾルゲル島の気象実験に巻き込まれて、
しばらく冬眠していました…というのは冗談ですが、
SNSの日記と違って「今日の晩ご飯」や「ペット自慢」などをフィギュアメインのこのブログに載っけるのもどうかな?と思って更新していなかったのですが、
肝心の造形物がなかなか自分的に納得のいく状態にならず、だいぶ更新が滞っておりました。

結婚~マイホーム購入と、不安定な玩具業界にいた頃には不可能だった
「人としての平凡な幸せ」を手に入れたのはよかったのですが、
その代償として、いろんな義務や責任がのしかかってくるので、
昔の様に自分一人の気ままな時間はあまりとれなくなってしまいました。
現在の正社員の仕事がかなり忙しい(儲かっているのではなく、単に人員削減の為)ので、
休日でかつ家事の合間などの細切れな時間だけの造型ですので、
ペースはゆっくりですが、そのかわりフィギュアに生活を賭けなくても、
安定収入がありますので、自分が納得いくまでじっくり造形できる環境になりました。
これまで以上に「納得のいかないモノは出さない」をモットーに
クラス最高水準の造形物をお届けしていく所存ですので、
今後とも気長にお付き合いよろしくお願いします。
このキンゴジも商品形態は未定ですが何らかの方法で皆様にお届けできるよう頑張ります。

おひさしぶりです。
ずっと長い間こちらは覗きにきてなかったのですが、
某掲示板で情報をキャッチして覗きにきました。
相変わらずこの小ささでここまで似せるとは神業ですね。
まだどのように販売するかは未定との事ですが、
絶対買いますので頑張って完成させてください!ヽ(´▽`)/

こんにちは!
僕もフィギュアを作ってみたいんですけど、初心者でも作れますか?

>やっさんさん
ごぶさたです(゚▽゚*)
ありがとうございます。
30センチや50センチオーバーの作品では良いキンゴジが沢山ありそうですが、
ミニサイズフィギュアとしては「これさえあれば他はいらない」と思っていただける完成度を目指しますので今後とも応援よろしくお願いします。

>合成牛蒡 さん
はじめまして(゚▽゚*)
結論から申し上げますと、
フィギュアを作る行為そのものは、特に何かの資格を必要とするものでもなく、
原型師免許なるものがあるわけではないので、意外とハードルが低く、
自分や巷のほとんどの原型師がそうであるように、
どこかの学校に通うとか、誰かに弟子入りするとかではなく、
書籍や、ネット、原型師仲間の情報交換、そして一番大きな比率を占めるのは自分自身の試行錯誤。
それでなんとかなると思います。
まったく右も左もわからなくて不安な場合は
最近はフィギュア原型製作のための入門書や、
材料や道具までセットになった通信講座まであって、
一昔前なら手に入れる事すら困難だった、専用の工具や材料なども
アマゾンや楽天などの通販で翌日には手元に届くという
フィギュアをはじめようという人にとっては至れり尽くせりの環境ですので問題ないでしょう。

趣味で作ったり、何個か複製してイベントで売り、
ちょっとした小遣い稼ぎくらいであれば、美術や造形などの専門的な勉強をしていなくても
努力と根気があればそれほど難しい事ではないと思います。
ただこれで一生食っていこう、家を買おう、結婚して家族を養おうというレベルを目指すとしたら、それは高校野球の球児が将来メジャーリーグに行くくらいの競争率です。
自分も食玩や大手メーカーの商用原型を多数手がけましたし、
メーカー内で何人もの原型師を指導、育成する立場にあった事もありましたが、
それでも原型師の収入は、時給計算すれば巷のアルバイトにすら勝てないです。
原型師の知り合いは沢山ますが、運良く結婚できても共働き、
家を買った人など見た事もありません 苦笑

すいません、夢も希望も無いみたいな話になりましたが、
きちんと定職を持っておられる方が趣味としてエンジョイするなら
これほどお金をかけずに奥が深くて楽しい趣味はなかなかありませんのでオススメですよ。
自分が苦労して作った作品を手にしていただけた方の喜びの声を聞くのはこの上ない幸せです。
頑張って素敵なフィギュアを作って下さいね。

こんばんは。こちらでははじめまして。
素晴らしいキンゴジです!
完成楽しみにしております!

>鮫順さん
過去に素晴らしいキンゴジを作られている鮫順さんにそう言っていただけると光栄です。
不定期更新ですが、また覗きに来てくださいね。

ご無沙汰しております。

井野さんのゴジラ、造型への思い、良い嘘
ブログを読んでいる間の濃厚な時間、とても幸せでした。

そしてアップされているデッサン!
ひとりで「うまっ!」と声を上げてしまいました。
デッサンは初めて拝見しましたがやはり才能のある方は恐るべしですね(笑)
ぜひ他の作品の紹介もお願いしますm(_ _)m


そしてキンゴジ、とっても欲しいです!

井野さんの満足がいくゴジラが出来るまで
「いずれ届く欲しいものを待つ」と言う楽しみを僕の日常に加えたいと思います。
そして日常の楽しみプラス1を提供して頂ける井野さんに感謝です。

日々お忙しいとは思いますが、井野さんのペースで造型への着手、できればブログのUPもお願いします。

いずれも楽しみにしております♪

>湖のひみつさんことSくん
返信遅くなってごめんごめん(^^;)
やっとお金も溜まったので、消化出来ずに大量に溜まっていた有給休暇の一部をここぞとばかりに使って、
二年遅れの新婚旅行でスイスに行っとりました。
しかしよくよく考えたらこんなに長い付き合いなのにデッサン見せた事なかったね。
ご存知のように絵も描かずいきなり粘土を練る性格だから、
たしかに自分の絵を見せる機会は無かったね。
Sくんはお元気ですか?
もうお子さんも小学生だね。
こちらはもう毎日のように仕事から帰宅したら日付変わりかけ、とか変わってたりとかで、
共働きで晩飯とかも夫婦交代で作っているので、
なかなか粘土を触る時間が無いですね〜
技術はあっても時間が無いのはストレスがたまります。
やっぱヘタに残業代のつかない正社員よりも、時給計算の派遣やバイトをしながら、
副業で造型やって補うのもいいのかななどと思ってしまいますね。
さてボヤキはこれくらいにしといて、
キンゴジですが、食玩サイズといってもちょっとデカくで、
食玩「ハイパーゴジラ」より微妙にデカイくらいのサイズといえばいいでしょうか?
海洋堂さんが昔、1/350といいながら、あきらかに1/350より小さい怪獣ガレキを出してましたが、
あれくらいのサイズですね。
いまはお菓子の箱に入れる事を考えなくてもいいし、
ヘタにあのサイズで作り続けると、いまも元気に活動してキャストに残った子たちの仕事を邪魔する事になっちまうので…。
このサイズなら食玩サイズの時には泣く泣く割愛してた歯の造型とかもきっちりできます。
仕事辞めれば1週間で完成しますが、そういうわけにもいかんので、
まあ気長に待っててください。
東京に来られたときは声をかけてね。ヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121134/54431717

この記事へのトラックバック一覧です: キンゴジ原型 そしてフィギュア制作における「良い嘘」「悪い嘘」:

« 「かいじゅうたちのいるところ」マックス少年フィギュア | トップページ | ゴジラ1962粘土原型製作過程 »