2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット
無料ブログはココログ

« SR 特撮ヒーローPプロコレクション「クルマニクラス」 | トップページ | 「ミニラ」参上!! »

2014年4月16日 (水)

国内デビュー作「西洋妖怪ダイモン」

Image_2

これは今から13年前に発売された私の国内デビュー作の
トレーディングフィギュアコレクション 大映特撮シリーズ 妖怪百物語 其 の一の「ダイモン」です。
なぜ「国内」と付けるのかと申しますと、本当のデビュー作はエクスプラス社が海外限定で販売していた「アンギラス」なのですが、
日本では個人輸入でもしなければ買えないシロモノでしたので、これが国内デビュー作となります。
いま観ると…ヘタクソですね〜。
でも怪獣と違い、頭が小さいので高さ10mm幅5mmのしかない頭部を作るのが大変だった記憶があります。
そして本体よりも大変だったのがコレ↓

Image1

ダイモンの杖です。
粘土使いの自分には、ウロコとかよりこういう幾何学的な固いモノを作るほうが大変でした。
この仕事が自分のところに来た経緯はこちらをご覧いただくとして、
実は「クルマニクラス」の記事にも少し書きましたが、
このダイモンにはちょっと「恐い話」があるのです。
この「妖怪百物語」シリーズは何人もの原型師が参加して作っていたのですが、
商品製作に先立って行われた四谷神社でのお祓いに呼んで貰えなかった自分たち関西原型師チームは
みんな「祟り」とも言える恐ろしい目にあったのです。

まず私ですが、原型をオーブンで焼いていた最中に、オーブンの蓋を開けたら突然バックドラフトのような現象が起きて、
オーブンから火が噴き出し、幸い火事にはなりませんでしたが、9割近く完成していたダイモンの原型が炭化しました。
時を同じくして「一つ目小僧」を作っていた恐竜造型で有名な徳川くんは、日本在来種で唯一の毒蜘蛛に噛まれダウン。
「から傘(だったかな?)」を作っていた伊藤さんは、自己所有のクルーザーで海に出掛け、
謎のエンジントラブルで遭難し海上保安庁に救助される始末!!

さらに完成した商品サンプルを保管していたら、これまた漏電が原因と思われる小火が発生し、
こちらも発見が早く火事にはなりませんでしたが、ダイモンを含め、ピンポイントでユージンの商品だけが灰になってしまったという…
いままで商品版のユージンの商品の画像が無かったのはそういう理由です。

劇中ではご祈祷をしているお坊さんが焼き殺されるシーンもあり、ただの偶然なんでしょうが、
ダイモンが原型、商品ともに火災に遭い二度も焼失したのは本当に不気味でした。

やはりお祓いをせずに妖怪で商売しようとするとダメですね。
なのでイワクラで妖怪フィギュを作る際には、安倍晴明で有名な京都の清明神社でお祓いをしましたが、
ご祈祷の最中に京都を震源地とした地震が起きて地面が揺れ、
またもや恐い思いをしたものです。

そして今、ブログに写真をUPするために再びダイモンを手に入れましたが、
火の元やコンセントの近くには置かないようにしています。

« SR 特撮ヒーローPプロコレクション「クルマニクラス」 | トップページ | 「ミニラ」参上!! »

4 ユージンでの仕事」カテゴリの記事

西洋妖怪ダイモン」カテゴリの記事

コメント

私的には、井野さん原型を知ったのは、ダイモンのバストモデルでした。
あのクオリティで、全身まで製作してくれたらと、当時思っていたものでした。

>メカゴジラさん

ごぶさたしております。
たしかにダイモンといえばメカゴジラさんを思い出します。
ほんとにこのサイズで全身ダイモン、自分も欲しいですね。
そういえばダイモスの村上さんも30センチで格好よくアレンジしたダイモン出しておられましたよね。
さすがにこの胸像サイズで全身となると、自分がいま勉強してる3DCGデータで原型作ると
3Dプリンタ出力だけで軽く100万円を軽く超えそうなので、昔ながらの手作業原型になりそうですね。
でも意外に資料を観ると、ダイモンの着ぐるみってかなり雑に作られていて、
羽根やウロコのサイズや重なり方も、かなり適当でいい加減な仕上げなので、
写実派の自分が着ぐるみの資料に忠実に作るとみんなの中のカッコいいダイモンのイメージがぶち壊れそうですよ(笑)
でもいつかはそれなりの大きさで再度チャレンジしたいキャラクターですね。

>いのさん
ダイモンの立体物があるとすぐ、目にはいってしまうのが悪い癖。
井上氏、村上氏、橋本氏の原型ガレキはもちろんのこと。 リックの白いもの キャストの飛行タイプまである始末。
今のところは、村上氏のポスターバージョンが、一番のお気に入りですね。
いのさんのダイモンの全身タイプももし完成、販売でもすれば、入手しようと一生懸命になるでしょう。
原型師さんごとのダイモンを見るのは楽しいですので、もっといろんな方が作ってくれるとうれしいのですが。

書き忘れていました。オカルト系の話はこれだったんですね
でも火事にならずに、すぐに消火できたというのも、逆に考えれば何かに守られていたかもしれませんね。

木原氏が、怪談イベントで、イワクラ時の原型師の体験を話していたのを思い出しました。

>メカゴジラさん

>木原氏が、怪談イベントで、

え?どんな話でしょう…イワクラはオカルト関係なくリアルに恐い会社でしたが、
オカルト系の話ってなんかあったかな〜笑
気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121134/59479285

この記事へのトラックバック一覧です: 国内デビュー作「西洋妖怪ダイモン」:

« SR 特撮ヒーローPプロコレクション「クルマニクラス」 | トップページ | 「ミニラ」参上!! »