2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット
無料ブログはココログ

« 国内デビュー作「西洋妖怪ダイモン」 | トップページ

2014年4月18日 (金)

「ミニラ」参上!!

 

まだまだ続きます。過去の作品を振り返るコーナー

今回は2005年に発売されたゴジラ特撮大百科 Ver.3 ゴジラの息子篇の「ミニラ」です。

いつも通りスカルピーによる造型ですが、ミニラはウロコなどもほとんど無いので、

あっという間に出来てしまった記憶があります。

でも食玩サイズだからよかったものの、これを30センチで作ろうものなら(誰も作んねーよ(笑))

それはそれは間延びした体表をどうまとめるかが原型師のセンスの見せ所でしょうね。
でもウレタン着ぐるみ特有のシワを付ける作業はなかなか楽しかったです。

こちらは原型をレジンに置き換えて塗装したもの↓
上から見下ろすと人間ぽい顔ですね。

01_3

こっちは商品版↓

下から見上げるとカエルっぽい顔になるのがミニラの特徴です。

Dsc00008_4

怪獣マニアには悪評高いデザインのミニラですが、自分は昔から大好きです。

こういう顔の子、クラスに必ず一人はいますもんね(笑)

そして自分に子供が出来ると、さらにコイツが可愛く見えてきます。

劇中「イヤイヤ~」をするシーンなんか息子そっくりで、

ミニラが息子に見えるというか、息子がミニラに見えてきます(笑)

それはさておきこのゴジラ特撮大百科 Ver.3 ゴジラの息子篇、

タイトルにゴジラと入っているのにゴジラのフィギュアが入っていないという

前代未聞のチャレンジャーな商品だったのに、シリーズで一番売れたんですよね。

ほんとあの頃の食玩バブルは凄かったです。


Minira_2

« 国内デビュー作「西洋妖怪ダイモン」 | トップページ

1 イワクラでの仕事」カテゴリの記事

ゴジラの息子 ミニラ」カテゴリの記事

コメント

最近、ゴジラの息子を見る機会がありました。 ゴジラの顔が気にいらなくて、モウ十年以上見ていなかった
のですが、あらためて見て、こんなにおもしろかったのかと愕然としてしまいました。
ミニラ、こんなにかわいかったのかぁ 記憶がすっぽり抜け落ちていました。
このゴジラの息子編も後年箱買いしましたが、まだあけてもいないという ていたらく。
ミニラの立体物だと、個人的には、高垣氏の岩を蹴っているポーズのものが、好きですねぇ。

>メカゴジラさん

たしかに息子ゴジはメガロゴジ以上に立体化が少ないゴジラですよね。
いまのところウケケさんところの30センチがベストでしょうか?

やはりミニラは、ベビーよりもリトルよりもキャラ立ちまくってますから、
隠れミニラファンは多いと思いますよ。
高垣さんの岩を蹴ってるミニラはイイですね〜造形からミニラ愛が溢れています。
卵からひょっこり顔出してる「ミニラ見参」もいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121134/59484608

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミニラ」参上!!:

« 国内デビュー作「西洋妖怪ダイモン」 | トップページ