2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット
無料ブログはココログ

カテゴリー「フナムシ怪獣ショッキラス」の1件の記事

2005年10月27日 (木)

フナムシ怪獣ショッキラス

DSC00021今日は久しぶりに私の原型作品のご紹介です。
マイナー怪獣の王道!!フナムシ怪獣ショッキラスです。
脇役怪獣の中でも極端にマイナーな奴ですが、
「ドラえもん のび太の恐竜」と同時上映でみた「モスラ対ゴジラ」や、83年の「ゴジラ復活フェスティバル」で観たゴジラを除けば、84年版ゴジラが私が劇場のスクリーンで観る初めての新作ゴジラ映画であり、ショッキラスは、当時小学生だった私には、とても怖くて印象深いキャラでした。

よくゴジラというと恐怖の対象として描かれますが、私がはじめてゴジラを知ったころには、
もうゴジラは正義の味方でしたし、ミニラという可愛らしい(?)息子もいましたので、
この84年版ゴジラを観にいったときも、たとえ身長が80メートルになろうが、
ゴジラをこれっぽっちも怖いと感じる事はなく、映画の中ではこのショッキラスのほうが10倍怖かったです。

DSC00024でも今あらためてDVDを観るとかなりつらい特撮ですね。ビデオやDVDの普及はいい面もありますが、良くも悪くも幼年期の美化された思い出をぶち壊してくれます(苦笑)
ミイラが登場するシーンくらいまではよいのですが、肝心のショッキラスが登場したとたんに
田中健とショッキラスが、一生懸命戦うのですが、どういう風にショッキラスが強いのかとか、田中健はどこが痛くてギャーギャー言っているのだろうとか、
まるで伝わってこず…巨大なフナムシ人形と田中健が楽しそうに戯れているようにすら見えます(笑)
それどころか、せっかく人間の水分と血液を吸い取っているのに、そんなに粘液をドロドロまき散らかしながら這い回っては、あっという間に脱水症状になってしまうのでは…?とショッキラスの体調の心配までしてしまいます(笑)

まあそんなショッキラスですが、この子をフルスクラッチするのは実は2回目で、
私が生まれてはじめて紙粘土で造型した記念すべき作品がショッキラスです。
一回目は小学4年生のときで、その時は50センチサイズでした。
今回あれから20年以上もの時を経ての再チャレンジです。

DSC00025材質はいつものようにスカルピープリモ、造型やってる人ならご存知でしょうがプリモは松坂牛並みに高いので
粘土代をケチろうと芯に普通のスカルピーを使用したのですが、造型中になんどもポキポキ折れてきて大変でした。
特に造型で気を使ったのは背面ディティールです。
頭部がイボイボなので全身そんなモールドだと思われがちですが、背面は複雑なシワとイボと毛のコラボレーションです。
似たようなモールドはガッパビネットの時に経験したので、造型自体はあまり苦にはなりませんでした。
背中の毛は獣毛の歯ブラシの毛などを植毛して再現したいところですが、
あくまで大量生産を前提とした原型ですので体に密着させた状態で造型しました。
ベースは船内の床をイメージしていますが、この写真は塗装前なのでわかりづらいですね。
また塗装済完成品は後日UPします。