2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット
無料ブログはココログ

カテゴリー「3 マックスファクトリーでの仕事」の1件の記事

2010年11月14日 (日)

「かいじゅうたちのいるところ」マックス少年フィギュア

Max_2 Maxback

これもだいぶ前の話になってしまいますが、一応私が担当した原型なので紹介しておきます。
メディコム・トイさんから発売された「かいじゅうたちのいるところ」の主人公マックス少年のフィギュアです。
奥田さんのアトリエG-1のブログをご覧になられていた方ならご存知でしょうけど、
このシリーズは6体のかいじゅうと、1人の少年を4人の原型師が分担して造形しました。
私は小さいものが得意という事で主人公のマックス少年を担当しました。

映画は予告編は素晴らしかったのに、本編は私個人的な感想では「?」な仕上がりでしたが、
このシリーズのフィギュアの完成度は怪獣フィギュア界の重鎮、奥田さんをはじめ、たしかな造形力で定評のあるT’s Factoの山脇さんも参加しているだけあって、
資料が恐ろしく少なかった割には、どれも劇中の着ぐるみを見事に再現しており、今回の映画公開と同時に発売されたグッズの中ではマストアイテムではないでしょうか?

私も人間を作るのは久しぶりだったので、芸大時代の彫塑実習のようで懐かしかったです。
服のシワやたるみの表現なども、着ぐるみよりか、中の人間の身体のラインがでるので楽しみながら造形できました。
ただ正直…完成した商品については…フィギュアとしては大変良い出来なのですが、私的にはちょっと残念な出来ではあります。
各方面にご迷惑をおかけするといけないので、今回は原型の画像公開はしませんが、
原型は本来、劇中の「ちょっとこの子はヤバいんじゃないだろうか?」と思わせる暴れん坊のマックス少年の無邪気な笑顔だったのですが、
版元さんの監修やらなんやらで、商品版は「とても育ちのよさそうな美少年」の顔になってしまいました。

Maxup

版元さんがいてクライアントがいる以上、これも仕方がない事ですが、ちょっと自分的には複雑な心境の商品です。
もちろん美少年マックスが欲しいという方にはお薦めです。(^^)